09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0088 Legend of Grimrock プレイ日記000(キャラクリエイト編)

2014年 03月20日 00:04 (木)

ブログのトップを少し改造した。
基本的にWizardry五つの試練のプレイ日記のブログのつもりなんだけど、他の3DダンジョンRPGも扱うよーってことで
エルミナージュ3D Remixはすっかり放置しているけど、特に反響もないし問題ないでしょ(多分

さて、今回からLegend of Grimrock(以下LoG)をプレイして日記にしようと思う。
今回はキャラクリエイトからゲームが開始する直前まで。次回は軽く操作方法を記事にしたいと思う。

ちなみにSteamで約15ドルで販売されている。意外と安いので興味を持ったら買ってみることをオススメする。

※LoGは画像サイズが大きいので記事内の画像は縮小しています。
 クリックすると画像が拡大されて表示されます。



088j001A.jpg

このゲームは簡単に説明するとダンジョンマスターである。
Wizardry五つの試練との違いを書くと、戦闘を含めダンジョンの中では時間が流れていること
そして調べたりギミック、謎解きをするためにはマウス操作を駆使しなくてはいけないことだ。

パーティーは4人構成。職業はファイター、メイジ、ローグの3つ
パーティー構成によって戦闘の立ち回りが大きく変わる。アクション要素が非常に高い

088j002A.jpg

今回はデフォルトのキャラパーティーではなく、キャラクリエイトによるパーティー編成を行う。

088j003A.jpg

勇者。
英語のゲームで日本語パッチは無いので死ねる。筆者が
Wikiで少し勉強すればなんとかなる、だろう。たぶん。

まだ一度も全クリしていないが、適当にやっていけると思いたい。

088j003A-2A.jpg

ステータスを簡単に分けるとこんな感じ。

枠で囲ってないが種族は、ヒューマン、ミノタウロス、リザードマン、インセクトロイド(+隠し)がある。
画像を自前で用意して好きなキャラ画像でプレイすることもできるようだ

まず赤枠。HealthはHP、EnergyはMPのようなものである。
Wizardryと違い、時間経過でそれぞれ回復する。もちろんそれなりに時間はかかるが。

黄色は基本的なステータス。Wizardryでいう力や知恵に該当する。
それぞれ上から、


回避率
スタミナ
精神力


となる。
スタミナは状態異常からの復帰の早さ、HPの高さに影響が出るようだ

緑の枠は攻撃力や防御力、耐性度を指し示している。
ちなみに一番下は最大積載量。このゲームは各アイテムに重さの概念がある。

青色の枠はレベルアップで割り振る各スキルの熟練度となる。
このゲームはレベルアップするとスキルポイントが4ポイント貰える
これをやりくりして戦闘をより有利にさせていく。

勇者は剣の熟練度を4ポイント上げた。
初期のスキルポイントは種族によって違い、人間は4ポイントと多い
現在プレイしている限り、再割り振りはできないのでポイントを投入する時は注意が必要である。

紫色の枠は特性性格をゲームパラメータにして表したものだ。
勇者は攻撃的でタフ。HPと攻撃力に少しボーナスが与えられる。
……脳筋勇者である。



088j004A.jpg

2人目は侍。漢字は使えないのでSamuraiにしている
種族はミノタウロス。簡単に言えばパワーバカだ。
ドワーフと言う種族が無いので代用せざるを得ないのだ。

スキルは斧熟練度、特性は攻撃的でマッチョ。脳筋バカ2号だ。
侍なので剣特性を上げたいところだが、勇者と差別化するために斧熟練度にした。



088j005A.jpg

3人目は盗賊。漢字が使えないので(ry
種族はリザードマン。器用さがあるのでローグに向いた種族だ

スキルは投擲武器の熟練度
このゲームは戦闘はリアルタイムで展開されるため、攻撃範囲外からの攻撃は重要になってくる。
ただの石ころですら大事な投擲武器だ。熟練度を上げることで戦闘を開始前から有利にする算段だ。

特性はタフとオーラ。HPが低いのでHPを底上げし、MPもあげておくことにした。
……オーラは別ので良かったかも



088j006A.jpg

4人目は魔法使い。漢字が(ry
精神力が優れているインセクトロイドという種族があるんだけど、見た目があんまり好みじゃないので人間で代用

HPが少ないのとMPを増やしておきたいので補うように割り振っている。

ちなみにこのゲームの『魔法』は普通のゲームと使い方が異なってくる
その辺は次回にかいつまんで説明したいと思う。



ちなみにパーティーは2人が前衛、2人が後衛である。
当然射程距離とかその辺影響が出てくる。

パーティーを作り終えたら本編の始まりとなる。
始まる前に少し物語の幕開けの字幕が流れる。英語なので無論筆者は読めない



088j007A.jpg

088j008A.jpg

088j009A.jpg

088j010A.jpg

088j011A.jpg


簡単にストーリーを説明すると、大罪を犯した囚人がグリムロック山の穴に突き落とされる。
穴の奥底に広がる迷宮から脱出できれば助かる。脱出できなければ死、あるのみ


といった感じだろうか……。
囚人達は生を勝ち取るために命を賭けてダンジョンから脱出しなければいけない……。

ちなみに勇者たちは何の罪を犯したのだろうか
思い当たる節はある。
大魔術師の帰還の廃都B6Fより、店に高額のアイテムを売りまくって店を潰したってアレだ。

勇者もいよいよ年貢の納め時となってしまうのか、それとも再び栄光を取り戻せるのか?

ダンジョンはただ静かに勇者たちの来訪を待っていたのであった。

088j012A.jpg

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : Legend of Grimrock

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。