05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0078 WizFO Infinite Labyrinth:L プレイ日記003

2014年 03月15日 02:41 (土)

気付けばこのブログを開設して3ヶ月近く経過した。
時間が流れるのは早いものである。じわじわアクセス数が伸びてきているし、今後も頑張りたい。



錆びた鍵を携えて貧相な守衛に会いに行く。『先生』に会うために。

078j001A.jpg

078j002A.jpg

なるほど、こういう展開なのね。
先生は2人いるらしく、片方はマーフィーズゴースト先生ポジだ。

078j003A.jpg

078j004A.jpg

このシナリオではSSゴーストと言う名前らしい。
倒すと1人頭経験値200。これは6人パーティーの時の話だ。

シキガミAを回収し、勇者・侍・シキガミAの3人パーティーにしてひたすらレベリングを行う
これは次に行くダンジョンはレベル5制限の黒檀の鍵が必要だからだ

シキガミAがレベル6にまで成長。下準備完了である。

一旦拠点に戻って魔術師ギルドに訪問する。

078j005A.jpg

どうやら火・氷・水・地の4人の属性の王がいるらしい。
それぞれに対応する触媒というアイテムがあるようだ。

078j006A.jpg

最高クラスの呪文を習得するには長く険しい道のりを歩かなければいけないようだ。

078j007A.jpg

078j008A.jpg

078j009A.jpg

078j010A.jpg

078j011A.jpg

ILL-Mはやはり呪文のシステムがかなり変更がかかっていた
当面の間は普通にプレイして進め、余裕が出たら他のことを進めても良いだろう。

ここでもしかして、と黒檀の鍵を使うと貧相な守衛のイベントと同様のイベントが発生。
盗賊ギルドに入れるようになった

078j012A.jpg

カスパールは確か*** The Lost Spell ***のNPCだった気がするが自信がない
いずれ再プレイするつもりなので、その時に検証しよう。

078j013A.jpg

このシナリオは*** The Lost Spell ***と同様に盗賊も呪文を憶えれるシステムになっている
いわゆる便利呪文の類だが、こうして宝箱や鍵扉の開錠意外に存在意義を見出しているので面白い設定である

さて、黒檀の鍵を携え、いよいよ第2ダンジョンの探索の始まりだ。
例によって最初に入ったフロアはアトランダムに選んでしまった。よって最初はナンバリングを振らない。



▼エリア???

このエリアはシュートだらけの構成だ。
入り口近くに出口があるが、鉄格子によって阻まれており、そこそこ入り組んだシュート地帯の先にある壁スイッチを起動しなければならない。

078j014A.jpg

途中、タクシーを発見。1000GPとはえらくリーズナブルな。
ミニマップだけに頼っているとシュートを回避するのは、やや厳しいだろう。一番奥まで進んでスイッチを押し、脱出に成功した。



▼エリア001

前回のマップとは別のマップに飛ばされていた。
夢幻回廊の扉の数は約20といったところか、さすがに1マップという訳にはいかないようだ

このエリアは少し入り組んだ迷路である。
途中、シークレットドアがあり、その先に帰還ポイントが配置されていた。



▼エリア002

最初のエリアと同じマップの別のエリアである(ややこしい)。
透明な壁で仕切られた複雑な迷路でマッピングするのがちょっと大変だった
しかし何の変哲のない迷路よりも刺激的なプレイができたのは事実。これくらい複雑なほうがやり甲斐がある。



今回は少し早いがこれくらいでやめようと思う。
次回も3~5エリアくらい探索して進めるつもりだ。



◆現在の装備
078j015A.jpg



◆マップ

迷宮のいりぐち
078p001A.png

魔導都市
078p002A.png

夢幻回廊
※ウィザードアイの使用不可
078p003A.png

オードブル
※緑系の色のタイルはシュートに入った時にどこにワープするのかを表したもの
078p004A.png

古代伝統の間
078p005A.png


テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : 五つの試練 Wizardry

コメントの投稿

非公開コメント

プレイいただきありがとうございます

2014年03月16日 14:00

Mr.L-edでございます。
よもや、こんなにも早くプレイしていただき、記事も書いていただけるとは思いませんでした。ありがとうございます!

さしでがましいお知らせですが、ILLは本日、開発中から完成に移行の運びとなりましたので書き込ませていただきます。


「悪魔と少女と異端審問」のプレイ、お疲れ様です。自分はかなり序盤で中断してしまっていたので、内容が非常に楽しみです(ここまで濃い上に高難度なのは予想の範疇を越えていました・笑)。これからも頑張って下さいませ。陰ながら応援しております。

2014年03月16日 17:03

ありがとうございます。
先日開発中で見つけた時は凄くビックリしました。最終作なのが悲しいですが頑張って進めたいと思います。

悪魔と少女と異端審判はMr.L-edさんのコメントと1Fをプレイした時点で悪い意味で不安だったんですが良い意味で裏切られたのでレベリングで躓かなければ最後までプレイする予定です。

P.S.もし良ければ、なんですけど大魔術師の帰還でヘルプ御願いしたいです。
混沌の海のX10,Y09で

>すさまじい業火だ!
>このまま進めば肉体はおろか、
>魂までも焼き尽くされてしまう!

>この恐るべき脅威を退ける
>手段がなければ先へは進めない!

と出て先に進めません。
たぶん何かフラグが足りないんだと思うんですが五里霧中で困ってます。
もし良ければヒントを頂戴していただけると幸いです

2014年03月16日 18:36

>最終作なのが~
個人として8作品は作り過ぎな気もしますし、やりたい事は6作目あたりでやり尽くしてしまったというのもありまして……まあそれはそうと、マップ数が半端ないので、あろん様のブログ形式を考えると今後が心配です(笑)。

>大魔術師の帰還について
今まであるアイテムで進めるかと存じます。
「南の魔女」の言っていた事を思い出してみて下さい。

2014年03月16日 23:02

重ねてありがとうございます。
南の魔女ですね。了解です。

記事のスタイルは気分が乗れば4エリア以上載せたいと思いますw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。