03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0076 WizFO Infinite Labyrinth:L プレイ日記002

2014年 03月13日 22:46 (木)

ついつい箸を進めてしまう、そんな気分になるのが原作もそうだがILLの魅力。
恐らくシステムを考えると目印キャラを使えば全フロアを踏破するのは楽なハズ



シキガミAをキャラ製作。ダンジョンの中で棒立ちしてもらう
傷薬をちょっと買い込んで冒険スタート。

夢幻回廊に入ってキャラを探す、を選ぶと直ぐにシキガミAが見つかった
……夢幻回廊に来る際の座標は固定されているのか? マップに反映させつつ最初のフロアに入る。



▼エリア001(勝手に命名)
十字架のように中央にやや広い空間があり、四隅に行く道と行き止まりのエリア。
やはりスタート地点の直ぐ近くに帰還ポイントがあり、かなり便利な構造になっている

前回盗賊がレベルアップしたものの、HP1ポイントアップとしょっぱい結果なのでやたら貧弱。
敵から毒攻撃を喰らい、毒消し系を持っていなかったので自然と死んでしまった

そしてHPの回復を怠っていたら侍が持っていかれてしまった
……現在の資金は火の車だからなぁ……。踏破して終わり。

盗賊の蘇生費用がレベル2なので500GPとちょっと割高。お財布事情を直撃する。
宿屋に泊まると残りの5人がレベルアップ。侍がHP20近くアップとかなりホクホクである。……魔法使いがHP1アップとアレだったけど。

次のダンジョンエリアに探索する前に少し検証を行う。
シキガミAを配置したことにより、夢幻回廊の場所の判別をできるようになった訳だが、そこからのジャンプは固定なのか、である

結論から言えば同じだった。1度しか検証していないけど十分だろう。
直ぐに拠点に戻り、改めて次のダンジョンエリアに挑むことにする。



▼エリア002
透明な壁で仕切られたプチ迷路が両サイドにあり、中央は広めの部屋という構成のエリア。
最初のチュートリアルダンジョンな訳だけど敵がやっぱり強め……ロードが一撃で持ってかれた

戦略的撤退を繰り返しつつマップ埋め完了。透明な壁があるのでファルコンアイが大活躍である。
拠点に戻ると勇者や魔法使いがレベルアップ。魔法使いがHP16になったのでちょっと安心面が高まった



▼エリア003
小さな部屋が点在していて『ゴール』に行くためには仕掛けを解かなければいけないエリア。
小さな部屋は全部玄室なので経験値稼ぎにかなり良さそう。9箇所もあるしね。

HPが上がってきているので戦闘が段々と安定する。
今回は僧侶ではなくロード採用なのでヒールを未だ憶えず。早いところ覚えてほしいが……。

マッピングは壁スイッチの場所も玄室だったので、反映させるために対応する場所とタイルを同じにした



▼エリア004
前回踏破したエリアだった。脱出ポイントの座標が間違っていたので修正して帰る。



▼エリア005
廊下を跨いで2*2の小部屋が配置されているマンションやアパートのようなフロア。
宝箱の罠解除に失敗して3人が毒まみれに。死んではたまらないので一旦帰還。毒消しを買い込んで再挑戦する

宿屋に泊まるとロードがヒールを習得。レベル4で習得か……。
構造自体は単純だったので直ぐにマッピング完了。



▼エリア006
2*3の部屋と廊下で構成されたエリア。……やけに空白が残るな
と思ったので念のために壁を調べるとシークレットドアが!

シークレットドアの先の片方は帰還ポイントだった。もう片方は……、

076j001A.jpg

謎の警告。SEでちょっとビビる
まぁチュートリアルダンジョンだし、そんなに危険は無い……よね?

076j002A.jpg

076j003A.jpg

という訳でイベント戦闘。後に正体がスモークビーストと判明(3ターン目くらいだったかな?)。
数で攻められたがスパークで一掃する。このシナリオも呪文の効果が書き換えられているようだ五つの試練デフォだとスパークは単体攻撃の呪文)。

076j004A.jpg

076j005A.jpg

勝利すると夢幻のメダルを入手。先のダンジョンに進むために必要なアイテムなのか確認する前に売ってしまった
たぶん、また行けばいるんじゃない……かな?

残りの空白マスも気になるので周囲を調べるとシークレットドアを発見

076j006A.jpg

その先には宝箱が配置されていた
原作と違い、こっちはイベント戦闘を経由しないで宝箱判定になった。こういうこともできるんだ……fmfm。



▼エリア007
2つの壁スイッチを押して進むプチパズル。
と言っても順番に壁スイッチを押せば進めるので難しくない。

特筆すべきは一番奥にあるのは転送装置ではなく梯子だということ
結局のところ転送装置とやってることは変わらないのだが、一応マッピングに反映させる。



▼エリア008
結構複雑な迷路。その上に1箇所回転床まである
エリア007と同じくココも梯子が奥の出口だった。



▼エリア009
Nの字のような廊下と小部屋の集合体。
ココの奥の出口は転送装置でも梯子でもなく階段だった

途中、宝箱の罠解除に失敗。3人が毒まみれになって一時期壊滅しかける。毒消しを4つ持っていて良かった。





一通りダンジョン巡りが終わったのでメダルを取りにエリア006に向かう。
ところが敵は撃ち果たされていた、と表示が出るだけで再出現なし。買わないとダメ……? 宝箱も無くなっていた

一応他に進めるところはないかとダンジョンのスタート地点でNPCに話しかけるも変化なし。
どうしよう……ということでスタート地点から行ける魔導都市カペルハペルに行くことにした。

カペルハペルには多数の施設が点在している。
半数以上の施設には現時点では入れないが、それでも結構な数の施設を体験できる。

076j007A.jpg

直ぐに扉に阻まれ施設に入れなかった。上級呪文はレベルアップでは憶えれないのかな?

都市には多数のNPCがいる。皆役に立つ情報を教えてくれる。

076j008A.jpg

キャンプを介さずに呪文を使う方法どうだったっけ……前にも聞いたことがある気がする。

076j009A.jpg

夢幻のメダルはココで使うようだ。

076j010A.jpg

076j011A.jpg

076j012A.jpg

076j013A.jpg

中に入るとNPCから説明を受ける。
8枚納めると称号と。メモメモ。

076j014A.jpg

保険屋の案内人なんて者もいる。
結構色んなことができるので一通り話を聞くと非常に面白い

076j015A.jpg

※以下元ネタ


まさかのニンジャスレイヤーネタ正直、盛大に吹きました
ドレイクってドラゴンの親戚みたいなもんだし、ドラゴンドージョーだよねココ。

076j016A.jpg

ニンジャソウルを10個納めると何かが貰えるらしい。早々手に入らないだろうけど。

076j017A.jpg

笑いが止まらなかった。まさかWizardryでニンジャスレイヤーネタを見る日が来るとは……。

……と、一通り(他にも色々ある)見て疑問が。
次のダンジョンに進むにはどうすれば良いのだろうか?

夢幻のメダルを買い戻そうと思いつつ店でアイテムを眺めていると、

076j018A.jpg

あー……そういうことだったのか。
どうやら装備レベルはその名の通り、レベルの制約が定められているようだ

という訳で今回はココで終わり。
次回からが本格的な冒険の始まりってところだろうか。



◆現在の装備
076j019A.jpg



◆マップ

迷宮のいりぐち
076p001A.png

魔導都市
076p002A.png

魔導都市・地下
※ウィザードアイの使用不可
076p003A.png

夢幻回廊(仮)
※ウィザードアイの使用不可
076p004A.png

新米修練場
※黄色いラインはエリアとエリアの境界線として付けている
※壁スイッチは同エリアのタイルで対応させている
076p005A.png


テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : 五つの試練 Wizardry

コメントの投稿

非公開コメント

2014年03月16日 20:57

ドーモ、アロン=サン。ナカムライドゥデス。ニンジャスレイヤーちょっとしか知らないけど頑張りましたw
このシナリオの元ネタって何ですか?
また流行ってるんですか?w

2014年03月16日 23:07

ありがとうございます。ニンジャスレイヤーは面白いので書店で小説を探すと良いです。
結構分厚い本なので書店に在庫を確認すると良いでしょう。

Infinite Labyrinth:Lの元ネタはsugsyuさん作のInfinite Labyrinthというシナリオです。
Wizardry五つの試練のユーザーシナリオの中では五本の指に入る超が付く有名なシナリオで、端的に書くとWizardryで不思議のダンジョンを再現しようと試みた作品です。

昔プレイした時は中盤まで進みましたが色々ありまして離れたら意欲がーって感じですね。99フロアに多数のエリアで分割があり、Infinite Labyrinth:Lと違って狙ったフロアを開始できないので全部踏破するのは数百時間かかるかと思われます。

Infinite Labyrinth:Lは原作と比べると今現在の視点でですがかなりマイルドになってます。あらゆる方向で。なので遊ぶならどちらでも構わないと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。