07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0063 WizFO 埋毒しゆく水殿 プレイ日記011

2014年 03月04日 23:31 (火)

いよいよ1フロアフルコンプリートと書けるタイミングがやってきた。

それとは別に経験値の関係上、もしかしたらシナリオクリアまでテレポーテーションを使う機会は来ないかもしれない。
(未だに憶えないので)



苦労して苦労して(大事なことなので2回言いました)B3F,B5Fの水流を網羅
わかってても結果が変わる可能性があるのを否定できないので、やはり踏破しなければわからない。

次に排水スイッチを押すことを考えたが、その前に前回見つけたB1F行きの梯子の先に行くことに

【 B1F,X17,Y22 】
063j001A.jpg

063j002A.jpg

063j003A.jpg

いきなりボス戦。
特に苦労はしなかったものの、もしかしたらこのイベントを終えたらマッピングという意味で取り返しが付かないのでは、という恐怖に駆られた。

063j004A.jpg

新しい水流……だろうか。
こういう時は迂回に限る。と思ったら左右の地面タイルはシュート
更に後の検証でわかったが目の前の水タイルもシュート。前に進めないという。

落下した先はB2Fの埋めることができていなかった9マス区画の一角
水マスに触れると水流。ところが直ぐにシュート
つまり水流が分岐しているのである。当然落下座標は今までと異なる

落下した先でエンカウント。
まぁココまで来ればB3Fの敵は余裕で倒せる。

問題は何が今後起こるか、である。
B3Fの西エリアと同じように水流で分けられた迷路が広がる。
しかし今度の迷路は短かったようだ。直ぐに終点に辿り着いた。

【 B3F,X13,Y17 】
063j005A.jpg

063j006A.jpg

063j007A.jpg

なんと青い鍵はブルーリボンだった。
大魔術師の帰還にもブルーリボンが出てきたが、随分使われ方が違う印象

ちなみにこのブルーリボン、埋毒しゆく水殿ではエレベータ室に入るための鍵になっている

このあと、この新しく探索できたB3Fのエリアも水流を踏破。
一応埋めることができる水流は全部制覇したことになる

063j008A.jpg

まぁ時にはこんなボロボロになったが大丈夫大丈夫
そういえばこのシナリオではファーミングなんとかに呪文攻撃が楽に通った
古代遺跡の深淵ではあまり通らなかった記憶があったような。

063j009A.jpg

エレベータに入るとフロア表示が。
B5Fの同じ座標は既に埋まっているので、B4Fが終点、か。

さらに言えばB5Fはまだ3*4の意味深な空間があるので、そこがラスボスのいる場所だと思われる

063j010A.jpg

何はともあれ、これでB2Fを埋め終えることができた
ウィザードアイを使い、キャプチャーして記念撮影。いやー達成感あるね

このブログになって3つ目のシナリオとなるが、謎解きではないマップ難易度はトップじゃないだろうか。
……と思ったけど、どう考えても大魔術師の試練のコズミックキューブが余裕でトップ。あそこはマジできつかった……。

次回はエレベータの先を探索しようと思う。
排水スイッチはそのあとでも決して遅くない……と思う。



◆げんざいのそうび
063j011A.jpg



◆げんざいのまっぷ

水殿への坑道 B1F
※赤紫色のマスは乗ると継続呪文を無効にする。
ただし召喚したモンスターは消えない。

063p001A.png

水殿への坑道 B2F
※青い獣アイコンはハークルモンスターとエンカウントする玄室
063p002A.png

水殿への坑道 B3F
※山吹色のマスはそのフロア中、呪文・継続呪文を無効にする。
ただし召喚したモンスターは消えない。

063p003A.png

水殿への坑道 B4F 水殿本殿
※緑色のアイテムアイコンは採掘可能場所。
※青い獣アイコンはアースエレメンタルが発生する採掘可能場所

063p004A.png

水殿への坑道 B5F 地底湖
※ X23,Y17の強制送還アイコンは5000GPが必要な有料タクシー
063p005A.png


テーマ : ゲームプレイ日記・雑記
ジャンル : ゲーム

tag : 五つの試練 Wizardry

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。